四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無農薬でアブラムシ撃退!「カナダ スプレー Ver.1」を試す

アブラムシの撃退方法について実験してみました。

既に知っている人も多いかと思いますが、カナダで発祥されたという

石鹸液でアブラムシを撃退するスプレーです。

名前がないと説明しずらいので、カナダで考え出されたということなので

勝手に「カナダ スプレー Ver.1」と名づけて説明させていただきますw




無農薬でアブラムシ撃退!
「カナダ スプレー Ver.1」を試す


今月のはじめ、失敗したブロッコリーを抜き取ることにしました。

その際、ブロッコリーに最後の仕事をしてもらおうと、

アブラムシ退治の実験に付き合ってもらうことにしたのです。

実験前、ブロッコリーの葉の裏には大量のアブラムシが付いていました。


<1、道 具 ・ 材 料>
霧吹き(スプレー)・・・1つ

水・・・250cc
食用油・・・5cc
石鹸液・・・少々

↑必要なものはコレだけです。 1リットルの水で作る場合は、食用油20cc


<2、つくりかた>
①霧吹き(スプレー)に、水を250cc入れます。

②食用油(菜種油・オリーブ油・サラダ油など)を小さじ1(5cc)入れます。

③石鹸に水をつけて溶かして石鹸液をつくり、数滴入れます。

↑キッチンなどの家の中にあるもので簡単に作れます。食用油なら何でも良く、
今回はオリーブ油を使いました。石鹸も普通の石鹸でOKです。



<3、使い方・実 験>
使うときには、直前によく降ってからスプレーします。

うごめいている大量のアブラムシに、満遍なくスプレーを吹きかけます。

カナダスプレーが掛からなかったアブラムシは殺虫できないので注意しましょう。



↓こちらが、問題のブロッコリーです。

アブラムシ  カナダスプレー実験

↑大量のアブラムシがたかっていますが、ここに「カナダ スプレー Ver.1」を

良く振ってからシュッシュッとスプレーしました。


↓2時間後の様子です。

アブラムシ  カナダスプレー実験

↑なんにも変わってねぇ~www



って思いましたか?


実は、ちょっと見ただけでは何も変っていないように見えますが・・・

このアブラムシは全部死んでいるのですb

ためしに、この2時間後のアブラムシをこすり取って 良く見てみると、

カチカチに固まって・・・死んでいました。

カッチカチに固まって・・・そう・・・

カッチカチやで~♪

↑これが言いたかった(笑



<4、感想・考察・注意点>
原理的には、「カナダスプレー」が乾く時に虫が死ぬようです。

この「カナダ スプレー」は、農薬の「機械油製剤」などと

ほぼ同じ原理なんじゃないかと思います。

「機械油製剤」も、ただの油と添着剤で出来ていますし、

この「カナダ スプレー Ver.1」も、ただの食用油と添着剤の石鹸液で出来ています。

ということは、「機械油製剤」のようにアブラムシだけではなく

カイガラムシにも効果があるはずです。

実際にカナダでは、カイガラムシの防除にも使われているとのことでした。

「殺虫」としての効果だけでなく、「防虫」の効果も期待できるのではないでしょうか。

注意点としては、このスプレーがかからなかったアブラムシが生き残ってしまうので

満遍なくスプレーしなければならないことと、食用油を使っているので、

吹きつけた場所の油分から臭いが発生してしまうこと。さらに、その臭いにつられて

ハエ・コバエなどの他の虫が寄ってきてしまうことが欠点です。

また、このスプレーに合わない植物はスプレーのせいで葉が黄色くなるそうです。

合わない野菜には使えませんが、

市民農園のような やや広い場所で野菜や花を作っている場合には、

家の中に普通にあるものを使ってこのスプレーをひとつ作れば、

かなり広範囲のアブラムシを1度に退治できるわけですから

非常に手軽で・簡単で・安全にアブラムシ退治ができて

便利だといえると思います。


このスプレーはうどん粉病を改善するために応用することができます
↓以下のリンクから「カナダ スプレー Ver.2」も是非ご覧下さい↓
無農薬でうどん粉病撃退!「カナダ スプレー Ver.2」を試す


↓あまり役に立たないかもしれませんがwこんなことも考えました↓
アブラムシ循環型社会 ベランダ菜園は宝石箱やぁ~♪

-2016.05.14.記事更新-
関連記事
スポンサーサイト

| *ベランダ菜園・全般 | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おぉ効きそうですね~~(^▽^)
カッチカチかぁ~~~(笑)

今日はじめて気がついたのですが
僕のトコにもヨコバイがいまして
5、6匹ほど朝取り除いて来たと
ころです。

かなり迷ったのですが、農薬も
全体的に散布してきましたwwww

とりあえず今日から僕もカナダ
スプレーに切りかえさせていた
だきます(笑)

あと補助的にベジタメートとか
農薬の基準を満たした安全そうな
のを使っていきたいと思います
(^_^;)

| wmwyw356 | 2009/07/24 15:28 | URL |

Re: タイトルなし

wmwyw356 さん

おはようございます!

カナダスプレーVER.1 はうまく行けばカッチカチになりますよ!
ただ、↑にも書いたように注意点として殺虫までに時間がかかる
ことと、若干臭うことがあげられます。
臭い対策として、絶対に廃油を使わないで下さい。
スプレー散布は、アブラムシの場合、野菜の根元にも散布しておくと
良いらしいです。
多分、根きり虫や土にもぐったヨトウムシなどには効かないと思います。
その辺りをご考慮の上、ぜひぜひお使い下さいw


農薬使用は迷うところですね。
特に毎日見てられないとか、広いとかの場合は
ある程度は仕方ないようにも思います。
ウチの父は、農薬使うくらいなら菜園自体やらないという
考えのようで、薬を使わないといけないようになったら
たとえ収穫前でも全て抜き取ってしまう徹底ぶりです。


ベタシートのようなものは、
ちょうど こちらも使おうと思っているところです!

| 淺木裕太 | 2009/07/25 08:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/393-1d1cf76a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。