四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベランダ菜園 最初はナスタチウムから

ベランダ菜園で一番最初に植えたのは ナスタチュームの苗です。

ナスタチューム

ナスタチウム 花言葉と食べ方


ナスタチュームは、ハスの葉に似た円形の葉を出すことから金蓮花とも呼ばれている

多年草です。ただし、屋外だと冬に枯れてしまう日本では 一年草として扱われて

います。冬になる前に植木鉢などに植え替えて屋内で育てれば越冬できるらしいです。

花言葉は「困難に克つ」で、花がカブト・葉が盾に見えることから「戦勝」とか「勝利」

「凱旋」、あるいは「愛国」の意味があるようです。

一時期は、あのインテリア風水師ドクター●パの影響で「西に黄色い花で金運~」で

蓮花という名であるこの黄色い花を咲かせる種類がよく売れたようですが

ガーデニング的には赤い色の系統が、色合いがいいので重宝されているようです。

黄色、赤色の他にクリーム色の種類もあります。


ナスタチュームは 葉も花も それから実も食べられます。

ムシャムシャ食べると言うよりは、薬味や香辛料のような使い方が適しているようで

花は、サラダに混ぜてお花を食べるサラダとしたり、料理の食べられる飾りとして。

(ただし、花の中は虫がいることが多いのでよく洗って下さいね。)

葉は、サンドイッチに葉を挟んだり、サワークリームに刻んで混ぜたり、

手巻き寿司で巻いたり、サラダに入れたり、そばやうどんの薬味としても使えそうです。

実は、青い若いうちに収穫してアタリガネですりおろすと、なんとワサビの代用として

非常に重宝するらしく、むしろナスタチウムの実のワサビの方が美味しいという人も。

また、実は塩漬けにしてケッパーの代用にすることもできます。

ただ残念なのは2~3鉢ナスタチウムを育てたくらいでは、とても塩漬けにするほど

実が生らないですし、ワサビの代用にしようとしても1回分くらいです。もっと食べたいと

思ってもこれではぜんぜんたりない。おそらく畳半畳かそれ以上の面積で栽培しないと

料理に使えるほど実の数は取れないのではないでしょうか。

でも、栽培する場所があるなら挿し木ができるので、簡単に増やせます。

どこかで「葉の味はクレソンに近い味がして、そもそもナスタチウムという名前が

クレソンの属名なのだ」という記述を見かけましたが、俺的にはクレソンというより・・・

ネギ味ですね。

辛いし、ちょっとネギのような香りがするのです。酸っぱいネギのような味かな?

ナスタチウムの食べ方を考える時には、ネギの代用と考えてみると

良いレシピやアイディアが浮かぶかもしれません。


この葉っぱのスッパ辛さを、アブラムシが嫌うとのことで、

ナスタチュームを植えていればアブラムシが寄ってこないとも言われています。

見た目も花が咲いて綺麗だし、とりあえず第一弾はナスタチュームにしてみました。


ただ・・・

ナスタチウムは高温に弱く、夏場に枯れることも珍しくないそうです。

25度を越える温度での生育は困難だと言われていて

ベランダ菜園のように高温で水が切れやすい環境に

一番適さないような作物な気がする・・・

枯れるかも・・・

最初っから不安な船出ですが、ナスタチウムの花言葉のように

さまざまな困難に打ち勝つべく がんばっていきます!!


【2009.06.19.追記】

上の本文中に書いてあることで、訂正する必要がある部分があります。

アブラムシが嫌がるということだったのですが、当方のベランダのナスタチウムには

アブラムシが付いています。ですからアブラムシが付かないということではないようです。

でも他の作物と比べてアブラムシの数が少ないですし、ナスタチウムの近くの作物も虫が

付きにくい傾向があり、コンパニオンプランツとして利用できることは間違いなさそうです。
関連記事
スポンサーサイト

| ナスタチウム | 21:42 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

参考になりました

はじめまして。
母にナスタチウムの食べ方を教えてと、ネット検索しはじめて、こんな面白いブログに出会いました。

花は生のまま食べることになりそうです。
ありがとうございます。

家庭菜園、楽しんでくださいね~^^

| じん | 2012/05/07 22:13 | URL | ≫ EDIT

Re: 参考になりました

>じん さん

はじめまして。
コメントもありがとうございます。

ナスタチウムは「エディブルフラワー」の代表選手的な花ですので、
安心してお召し上がり下さい。サラダで食べるのが一番美味しいです。
ちょっとピリっとしていてネギのような風味も感じます。
子供などに食べさせると「もっと食べたい!」とせがむこともw

ぜひ、花も葉も実も食べて楽しんでみてください。
上手に育ててくださいね~!

| 淺木裕太 | 2012/05/07 23:28 | URL | ≫ EDIT

参考になりました

はじめまして。
今朝ブログにリンクを貼らせて頂きました。
ナスタチューム綺麗ですよね。
とても参考になりました。
今晩私もサラダにお花入れてみるつもりです

| しゅー | 2012/05/10 12:23 | URL |

Re: 参考になりました

しゅーさん

はじめまして。
アメブロからのリンクありがとうございます。
記事のナスタチュームとても綺麗ですね。
確かに納豆にもいけますね。
お刺身でも美味しいと思います!

ちなみに記事冒頭の朝日の写真は○○波動がらみ?
違っていたらごめんなさいmm

ナスタチウムは夏の高温に弱いので、
これからの季節は十分注意して育ててくださいね~。

| 淺木裕太 | 2012/05/10 23:05 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/05/11 10:28 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/337-3f8237bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。