四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もしも『カップ焼きそばの作り方』を般若心経で作ったら

仏説 摩訶杯麺焼蕎麦作心経

観自在焼蕎麦・行深杯麺焼蕎麦作時、照見五

臓皆空腹、渡一切加役。舎利子。満腹不異空腹、空腹不

異満腹、食即是空腹、空腹即是食。我想吃焼蕎麦亦復如

是。舎利子。是諸法沙司、不生不滅、不垢不浄、

不増不減。是故空腹、無食、無我想吃焼蕎麦、無眼・

耳・鼻・舌・食・意、無色・匂・香・味・触・法。母宇限界、乃至、

無意識的欲望界。無無蓋開・亦無無蓋開尽、乃至、無包装、

亦無包装尽。既麺集固形物道。無智・亦無得。以無

所得故、菩提薩埵、依杯麺焼蕎麦故、心無

罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢

想、究竟涅槃。三世諸仏、依杯麺焼蕎麦故、

得阿食多羅三百食放題。故知、杯麺焼蕎

麦、是大神麺、是大明麺、是無上麺、是無等等

麺、能除一切空腹、真実不虚。故説、杯麺焼蕎

麦麺。即説麺曰、

流諦流諦、波羅流諦、波羅僧流諦、菩提薩婆訶。

杯麺心経

(合掌)


≪意訳≫
経題 「これはお釈迦様が説かれた 偉大なるカップ焼きそば作りのエッセンスです。」

観自在焼蕎麦様が、カップ焼きそばを作ろうと苦しい修行をしていた時に、五臓六腑が
みな空腹だと悟られて、一切のカヤクを渡された。わが弟子たちよ。満腹は空腹に異ならず、
空腹は満腹に異ならず、食べることはすなわちこれ空腹となり、空腹はすなわちこれ食事となる。
焼き蕎麦を食べたいと想うこともまたかくの如しである。
わが弟子たちよ。諸々の法はソースであり、それは生ずることも滅することもなく、清くも穢れも無く、
増えることも減ることも無い。このゆえに空腹とは食べられないこと、食べたい焼き蕎麦が食べられない、
焼き蕎麦が見つからない、お湯が沸く音が聞こえない、ソースの匂いが嗅げない、麺が味わえない、
そもそも食べられない、カップ焼きそばのことが考えられない、湯を注ぐ音も聴けない、
カップや麺やソースの香りも、味もわからない、触れない、そういう概念すらもない。
ああもう限界である。もしくは、無意識的に欲してしまう世界となる。
蓋が開かないということはない。また蓋が開かないということを突き詰めてもいけない。
もしくは、包装されていない、また包装されていないということを突き詰めてもいけない。
すでに麺は集められて固められている状態となっている。それを知ろうとする必要は無いし、
また得ようとする必要も無い。何も所持したり得たりしようと想わなかったから、
菩提薩埵様はカップ焼きそばをよりどころとしたのである。だから
こころに障りがない、障りがないから、恐怖があるということもない、一切の間違った道から逃れて
悟りの道を究められた。過去現在未来の仏たちも、カップ焼きそばをよりどころとした。だから
この上なくたらふく三百個もの焼き蕎麦食べることが出来たのである。
よって知るだろう、カップ焼きそばこれは大いなる麺類である、
これは明らかなる麺類である、これはこの上なき麺類である、
これは比べ物にならない麺類である、
よく空腹を除くちからがある、これは真実であり疑ってはならない、ゆえに説こう、カップ焼きそば麺のことを。
すなわち麺のことを説いて言う
「流れた諦めろ、流れた諦めろ、彼岸へ流れた諦めろ、みんな彼岸へ流れた諦めろ、あっぱればんざい!」
杯麺心経




なんか先月から流行っているので、般若心経で作ってみました (^w^)
仏教徒の方すみません。シャレですので。

宇宙の果てまでラブビーム!
宇宙の外まで I love all!
関連記事
スポンサーサイト

| 日常の日記 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/2031-2e8a9fb2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。