四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメシスト(アメジスト) 紫水晶

アメシスト(アメジスト) 紫水晶

アメジスト アメジストクラスター


日本名: 紫水晶(むらさきすいしょう)   英名:Amethyst

別名: ワインストーン  バッカスストーン

石言葉: 誠実 高貴   誕生石:2月の誕生石。4月26日の誕生石など

産出国: ブラジル マダガスカル 南アフリカ 日本(宮城・鳥取)など

性質: 硬度  7
結晶  六角柱状自形結晶になることが多い
色  その名のとおり紫色。

特徴: 水晶に微量の鉄イオンが含まれているため紫色を帯びている。


マダガスカル産 アメシスト
     マダガスカル産 アメシストクラスター


パワーストーンとしての性質 「アメシスト 紫水晶」 


概要: 紫色が宗教的・霊的権威の高い色とされるため、古代エジプトをはじめ、世界中の国や民族でアメシストは尊ばれてきた。ギリシャ神話で酒の神バッカスと月の女神の侍女アメシストとの神話として登場し、侍女アメシストの持つ透明な水晶にバッカスがぶどう酒を注いだことで紫水晶になったということになっている。アメシストの名前の由来が「酒に酔わない」であるとされているのはここから来ている。「酒に酔わない」が「人生に迷わない」という意味に変化して、ユダヤでは祭司の胸当てに飾られたり、キリスト教世界では「司教の石」として信者が指輪をはめたりしていた。

伝承:
①この石は、人と人との精神的・肉体的・運命的な結びつきを強める働きがある。同僚、友人、恋人、家族などとの絆を深め、誠実な人材との出会いをもたらすという。

②特にラベンダー色のアメシストは、恋愛面に優れたパワーを発揮し、運命的な異性との出会いをもたらし、恋人を得る。また恋人の浮気を防止し、結びつきを強め、愛を復活させ、障害の取り除き、結婚運を高める。また官能的になるとも。恋愛運を高める石とされるローズクオーツとの相性もよく、一緒に持てば効果が高まると言われている。

③お金持ちが好む石ともされる。よくテレビのお金持ちのお宅拝見のような番組で、お金持ちの家の玄関にアメシストの塊が飾ってあることがあるように、財運・財産運を高め、経営者としての地位を固める力があるという。お店を経営している場合、集客力を強めるために持つ人も多い。また一説には金持ちを泥棒・盗難から守るとも言われている。

④マインド面では、イライラ、焦り、不安、恐怖などのマイナスエネルギーや精神状態を鎮めて、安定させる。迷いや浮ついた心を絶ち、冷静に物事を判断する能力をもたらすとされる。 

⑤身につけると悪酔いしない石という伝承がある。アレルギーを緩和し、安眠をもたらすとされるので花粉症やぜんそく、アトピーのひとは試してみると良いかもしれない。    

⑥みずがめ座の守護石である。


実体験:   以下、ブレスレットなどで身につけた場合の波動についての話である。

 伝承では「イライラ、焦り・・・などのマイナス思考を鎮めて・・」とされているアメシストだが、私の知り合いによると、この石を身に付けることで逆にイライラすることが多いという。 また、知り合いの霊能師の話によると、この石を身につけると遠くの霊(悪霊)の声が聞こえるようになる。という。

 以前は、例えば自分の思考の次元が上昇してしまった為に、周囲の低次元な思考エネルギーとの間に大きな差ができたことに耐えられないからではないだろうか。と仮説し。 山奥で修行をする宗教家や教会の中の司教のような人ならどんなに思考次元が高まっても問題ないだろうが、一般の人がオフィスで身につけてもあまり意味が無いし、かえって周囲の人たちが無能に見えて「ウチの上司・部下・同僚は程度が低い」とか「この職場は、バカばっかりだからイライラする」と言った思考に陥りやすくなる石がアメシストなんじゃないだろうか、と考えたりしたものである。

 しかし、パワーストーンに対する知識と経験を深めるにつれて、この石はとんでもない食わせ物であるということが分かってくる。いったい何ゆえに上記の宗教司祭たちはそれほどまでにアメシストを神格化してしまったのであろうか。

 見た目はとても綺麗なので、この石を見た目の美しさだけに惹かれて身につけているのだとしたら、この記事はまったく関係の無い記事である。 しかし、パワーストーンとして論じるならば、この石は「非常に扱いにくい不安定な石」と言わなければならないだろう。 不安定といっても、偶発的に不安定になっているのではなく、「不安定を作り出すための不安定・乱れ」であり、確信犯的な作用であると思われる。 身に着けている人の想念や周囲の想念の波動を乱すので、当然のことながらイライラしたり、落ち着かなくなってくるのだ。 とてもマイナス思考を沈めて・・・・などと、お世辞にもいえない波動である。

 ではなぜ、この石が古くエジプトやギリシャで珍重されていたのか。

 おそらく、この石のとらえどころの無い不安定さが神秘的に映ったか。 もしくは、その不安定さを宗教的に逆に利用しようと考えたのであろう。これらは一般人にはまったく無用のパワーである。

 見た目の紫色の美しさとは裏腹に、低次元の波動を不安定に乱反射したり、身につけている人が意図しない波動を出して乱すので、身につけている本人はイライラしたり、精神的に不安定になりやすい。あるいは非常に敏感に研ぎ澄まされて休まることの無い状態になることもある。  また、身に付けている人の周囲にいる人にまでその悪い波動が拡散されるので、実に、はた迷惑この上無い。周囲の人に対して、いわゆる波動的暴行を働いているのである。 さらに波動に敏感な体質の人は、身に着けると身体に痛みをともなう症状がでてくる可能性もある。 もし、何か気がかりなことがあるのなら、一旦、あなたの所持している全てのアメシストを廃棄してみると良い。(あるいはトランクルームなどに一旦預けて日常生活から遠ざけるなど) おそらく大きな変化があることであろう。 この石は、あなたが、よほど波動のどす黒い政治の世界や、現在強烈に呪われているとか、超悪業因縁に生まれているとかじゃない限り、一般の人が身に着けて使うのには アンタッチャブル である。

浄化法: 直射日光にあてると色があせるので避けなければならないのは痛恨。 流水が最も適している。 水・塩水・月光・塩・クリスタルクラスター・セージなども ○ とされる。

アメジスト アメシスト 紫水晶 画像
     ブラジル産 アメジスト

※この記事は、淺木裕太のオフィシャルホームページの移転に伴い、かつてパワーストーンが大好きだった頃に書いたホームページ・コンテンツの内容を加筆・修正してブログに転載・移転したものです。
関連記事
スポンサーサイト

| 旧HPのコンテンツ | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/2005-ed53548a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。