四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇宙がすべての偶然を作った

自分の中では、かなり驚くべきことと思うことがおきてしまいましたので、

久しぶりにパソコンからブログを書こうと思いログインしました。

テンプレが春のままでした~ 四季エンピツなのに(・_・;)

夏らしいオレンジ色に変えておきましょう。


ではでは、本題に入ります。

金曜日に「夜景」はパワースポットだよ~ という記事を書きましたよね?

そして、ブログの記事にも書いたとおり、土曜日には「夜景」を見に行きましたね~?

その次の日(日曜日)の出来事です。


さかのぼること10日ほど前に、

新聞の地方版の記事に気になる記事が出ていたのです。

でも、忙しくて切り抜きをするヒマがなかったので、放置していました。

日曜日になり、ふと、新聞の切り抜きをしようとしていたことを思い出しました。

我が家では、新聞は ある程度たまると父が勝手に束ねてリサイクルに

出してしまうので、切り抜きはその“ある程度たまる前”にしなければなりませんw

今回はまだそれほどたまっていなかったので、来週でも間に合ったかと思うのですが

たまたま切り抜きのことを、ふと、思い出したので、たまった古新聞の中から

切り抜きたい記事を捜すことにしました。

日曜日の夕方だったと思います。

たまった古新聞をゴソゴソゴソゴソ・・・

と、散らかして捜索。

すると出てきました。

確かに地方版の10日ほど前の記事でした。

(実はこの記事を切り抜きたいと思ったのも

「強運・開運」に関係が有るのですが、またそれはいつか書くとして。)


俺は目的の古新聞を見つけたので、ちらかった古新聞を片付けていました。

すると、古新聞の間から「市報」がでてきたのです。

これも我が家独特のルール(?)ですがwww

市報は父が速攻で古新聞の中に捨てちゃうんです(笑)

ホントに困った性格ですが、父は自分が読まないものは

家族も読まないと思っている人なので、勝手に捨てちゃう。

「市報 今月号」も父によって勝手に古新聞の中に捨てられていたのでした。

俺はまたやったな~ と思いつつ、なんとなく切り抜きの新聞とともに

「○○市報 6月1日号」も手に持って自分の部屋に入りました。


『良い記事を切り抜けたな~ww』と切り抜きを見つめてニヤニヤした後(不気味w

なんの期待もなく「○○市報」をパラパラとめくっていました。


すると!!!

な・・なんと・・・

二十歳の頃からずっと好きだった

歌手のAさん(仮名)が・・・

近所の公民館でライブをするという告知が出ているではありませんか!!

ええっ!!

俺の中ではそのAさんの写真を新聞記事で見かけるだけでもビックリなことなのに

なんと・・・・いつも通る道の横にある小さな公民館に来る????

ウッソ~??wwww



実は・・・・思いおこすこと、数年前、

この俺が書いているブログでは、全く同じ公民館に

Aさんが来ていた(過去形)と言う記事を書いているんです。

まったく同じ歌手のAさんが、同じ公民館でライブをやったことがあるという話を!

しかし、その時は、よりによって・・・

Aさん自身が更新しているブログの記事でそのことを知り、

『「○○市報」をちゃんと読んでいれば、俺もライブに行けたかもしれないのに!』

と、あの時も、父の性格をメチャ恨みましたよ。はい。


で、その慟哭(大げさw)の様子をブログ記事にした訳ですが、

公民館が近所ということもあり、特定されることを避ける目的で

記事は後日削除したのでした。




あれから、なんと6年と言う歳月が流れていました。

もうAさんは近所の公民館には来ないのだろうと

諦めていたのです。

それが・・・

また再びAさんが公民館に・・・近所のあの小さな公民館に来てくれる!!

すごい!すごい!やった~~~~!!!!



と、思ったのもつかの間・・・

お気づきですか?

そうですb

「○○市報」は「6月1日発行」

公民館のチケットの発売受付開始日は

なんと 6月5日の午前9時・・・

。。。。。。

申し込み開始日から、すでにもう17日も経ってしまっていたのです。

これは、、、orz

さすがにもうチケット売り切れてるでしょう。

もう無いでしょう?

。。。。。

チッキショーーーーーー!!


親父のバカヤロー!!














次の日。

月曜日になりました。

俺はいつもの通りに家を出て、職場に向かいました。

ただ、いつもと違うのは、公民館の受付の電話番号を

携帯のメモリーに入れておいたことです。


俺は、職場が入っているビルの、

始業前の静かなエントランスで、

公民館の受付時間になったことを確認してから

恐る恐るメモリーに入っている電話番号にかけてみました。




俺:「もしもし・・」

受付の人:「はい。○○公民館受付 担当山川です。」

俺:「す、すみません><」

受付の人:「は、はい!」

俺:「お聞きしたいのですが、『○○市報』に載ってますよね?」

受付の人:「え? は?」

俺:「あの・・Aさんのミニライブのことです><」

受付の人:「あ、あ~~~~。・・・はい。」

俺:「あの~、実は昨夜その記事に気が付きまして・・・」

受付の人:「あ、そうなんですかw(クスクス)」

俺:「さすがに・・もう無いですよね?チケット。」

受付の人:「え~・・・・実は・・・・・ありますよ!」

俺:「え!!!」

受付の人:「今すぐ予約して下さい。」

俺:「は、はい!予約します!!」

受付の人:「ではまず、お名前をフルネームで。」

俺:「あさぎゆうた と言います!」



なんとビックリ(@@)

残っていたのです。

18日も経っていたのに・・・。

小さなホールでやるので定員は100名

あまりにも少なく感じるその人数の中に

自分が入ってしまったことになります。

二十歳の頃から好きだった、あのAさんが

近所で同じ空気を吸っているというだけで

かなり貴重なことなのにw

同じ部屋(ホール)の同じ空気を吸えることになるとは~wwww

(なんか喜び方が・・なんかズレてない?w)



その日(月曜)の仕事帰り、

近所の小さな公民館の受付終了時間ギリギリに滑り込んで

朝に予約したチケットを受け取りました。

チケットの整理番号は、なんと

98番 と 99番



あの悔しい出来事から6年。

念願のAさんの公民館ミニライブに

あっけなく参加できることになりました。

ああ、これを願望実現と言わず、なんと言うのか。
関連記事
スポンサーサイト

| 運命を開く | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/1830-c11d1b1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。