四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三島由紀夫氏の一節

ちょっとした単語をネットで検索していたところ、

三島由紀夫氏の一節が出てきた。

俺は結構三島氏は好きな方なんだけど、さすがに三島氏の一節には

何かを揺さぶれられる言霊のエネルギーがありますね。

ま、そもそも「魂を揺さぶられる~」っていう感じの話の一節なんですけどもw


知っている人は知っている有名な一節ですが

【古代の湖の底をのぞいて、そこに魚族や藻草のすがたを透かし見るような心地】

と三島氏は表現されておられます。さすがw 作家の言うことは違いますな~w

彼はなぜ蟹族や鳥族や三葉虫とかと言わずに「魚族」と表現したのか・・・。

ひょっとして ちゃんとした意味あるかもしれませんよ~?


今日は、久しぶりに新しい発明を閃いてしまったので、その関連のネット検索でした~
関連記事
スポンサーサイト

| 日常の日記 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/1523-2285d807

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。