四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神秘的なアーティスト

※このスレッドには虫の画像を使用しております。

虫が苦手な方はご注意下さい。




2011年8月末の暑~い日のデートでの出来事です。

いつものような感じでローズと歩いていると、その時話題のある昆虫が

背の高いヒマワリの幹にとまっています。

そいつは俺たちの目の前でした。


その話題の昆虫とはセミですb



201108 セミ



ローズ:「きゃ~ーー!近い~セミだ~~~><」

俺:「ただのセミじゃんww」

ローズ:「近くで見ると驚くねぇ~><」

俺:「wwwwwww」

ローズ:「セミが鳴かない夏は不気味だったけど・・・」

俺:「やっと沢山のセミが鳴くようになったね。」

ローズ:「近すぎるセミも・・怖いよ~!」

俺:「大丈夫だよ~噛んだりしないからww」

ローズ:「う”~」

俺:「しかしさ。セミがこれだけ近くで見えるのも珍しいね!」

ローズ:「ホントだ!アタシ写真撮る!」

俺:「wwwwwww怖がってたのにwww」

ローズ:「だってwwww珍しいでしょう?www」


羽が透明なセミなので、ミンミンゼミかクマゼミでしょうか。

よくアブラゼミの死骸は見かけますが、こういうタイプの生きたセミを

こんな間近で見たことは今までほとんどなかったように思います。

この日は結構しばらくの長い間 ローズとセミを見つめていました。



セミ:「ジジジジジーーーーーーーーッ(飛)」

俺:「あっ 飛んじゃった~。」

ローズ:「アタシ結構うまく撮れたよ?写真w」


最初は怖がっていたのに最終的には超接写しているローズなのでしたw(爆

ちょっと満足げなローズと再び歩き出すと、一級河川に大きな橋がかかっています。

その橋の歩道をてくてくと歩いていると、橋の欄干の部分に小さな何を発見しました。

はじめゴミかとも思ったのですが、それは奇妙なかたちをした生き物でした。



俺:「わっ!これ!ゾウムシだ!」

201108 ゾウムシ 01

ローズ:「きゃーーーーー!助けて~~><」

俺:「なんで逃げるの?(・・)」

ローズ:「だって~虫だって言うから><」

俺:「違うよwゾウムシだよww」

ローズ:「『ゾウムシ』って何なの?刺す?」

俺:「刺さないよ~wwww 珍しいよ。滅多に見ない。」

ローズ:「ゾウムシって珍しいの?」

俺:「ほら、象みたいに長い鼻みたいなのがあるだろう?だからゾウムシ。」

ローズ:「ぇぇ・・・・?・・わっwwホントだ!!何これww」

俺:「ゾウムシ~w」

ローズ:「この鼻で刺すの?」

俺:「刺すんじゃないよ。確か木の実の汁とか吸うんじゃなかったかな?」

ローズ:「木の実を食べるの?」

俺:「全部の種類のゾウムシがそうなのか分からないけど、栗とかを食べちゃうw」

ローズ:「この鼻で栗を食べるの?(@@)」

俺:「だからゾウムシって一応害虫だったと思う。」

ローズ:「なんだ害虫でしょ!!」

俺:「でも、面白いだろ?この形wwwww」

ローズ:「面白い~wwwwwww」

俺:「wwwwwwwwwww」

ローズ:「『おい!ゾウムシ!お前は害虫なのか?栗食べちゃダメよ!』」

俺:「あっっ そんなに近づくなよ!逃げちゃうだろ!」

ローズ:「wwww怒られたwwww」

俺:「だって近づきすぎだからw」

201108 ゾウムシ 02

ホントに神様って・・・不思議な造形をされますね~。
関連記事
スポンサーサイト

| デートの日記 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/1430-dca63693

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。