四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふと思い出した 忠告者

今日は2週間にわたる財布選びの疲れが ドッ と出てますw


俺がハタチの頃のこと。

周りでブランド物の財布を持つことが流行ってました。

やれプラダだ、ヴィトンだと、お互いに自慢げに財布を見せ合うという

子供っぽい現象がおきていたわけです。

そのころ、俺がどんな財布を持っていたのかはハッキリとは覚えていませんが、

おそらく相当長く使いこんでボロボロの財布を使っていたことでしょう。

基本的に「空白の10年」にドストライクにはまってしまっている人生を

生き抜いている若者なのでww 若い頃から超ドケチです~V


そんな俺も、周りがあまりにもブランドの財布を持つようになったので、

しばらくすると、なんとなく買ってみようかなと思うようになりかけていました。


地元のブランドショップなんて、一度も入ったことのない人間でしたが、

はじめて入ったのも周りのそんな影響があった この頃です。


さて、ここに登場するのが、当時の職場の先輩であった「すず姉」さんです。

俺より・・・・・5歳くらい年上だったのではないかと思います。

色白で背が小さく、夏場は露出の多い服装(←www)でしたので、

職場の男性社員からもモテモテの職場のアイドル的存在?でした。


最初、すず姉の見かけがあまりにも憎たらしいので、

白蛇女と影で呼んで 嫌っていました。

たしか一度大喧嘩もしたような気がします。

が、いろいろあって・・・・(←そこが聞きたいw


いつの間にか仲良くなっていましたwwww

そして、何かと鈴姉に相談することが多くなりました。


ある時、鈴姉に財布のことを相談してみました。


俺:「俺・・今度ブランドの財布を買おうかと思ってて、」

鈴姉:「ブランド?」

俺:「はい。どこのブランドが良いのか迷っているんです。」

鈴姉:「ブランドなんて!バカらしいよ!」

俺:「えっ!」

鈴姉:「大切なのは、高価な財布それ自体じゃなくて、中身でしょう?」

俺:「おおっ(@口@)」



まw何のことはないコトバなのですが、確かにゴモットモなことで、

あれから相当な年月がたちましたがw 今でも俺にとっては名言かもしれない。

財布なんて選んでいるヒマがあったら、中身のことを考えろってね~www

関連記事
スポンサーサイト

| 日常の日記 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/1257-c73081d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。