四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇宙船に乗るな!バースデー・サプライズ その2

【宇宙船に乗るな!バースデー・サプライズ その2】

まず!この計画を実行するにあたっての下準備としては・・・


①図書館の閉館時間やアクセスなどを十分に覚えておくこと。

②図書館の近くのお店なども調べておくこと。

③確実にこの図書館の書庫に存在するのかどうか、事前に確認しておくこと。



と、このように考えて下準備をしました。

デート中にあちこち寄り道しているうち、肝心の図書館の閉館時間に

間に合わなくなってしまってはオシマイですし、

以前この図書館の横の道をローズと通ったことはあるので道は分るけれど、

ただ、どの道を通って図書館に行くことになるのかは予想外な展開になる可能性もあり

この時点ではなるべく図書館の近くの道を頭に入れて、自然に図書館の方へと

向かえるようにしなければならないと思っていました。

あくまでも自然に!

それが理想です。

なので、図書館の近くにある建物などを

表向きの目的地とするために図書館周辺の地図とにらめっこ。

今回は書庫から出してもらって館内で読むだけですので、借りる訳ではないです。

館内で読めればOK 俺達が行く前に誰かが借りてしまうようなことが無ければセーフ!



この下準備を終えた時点での問題点としては、図書館が駅からやや離れた郊外にあるので

どうやってそこへ向かうのかということです。そこまで行く言い訳を考えるのに一苦労。

それで、結局、俺達の好きな神社を絡ませることにしました。






さてさて・・・運命のサプライズ当日~♪♪


ローズ:「ゆう君~w今日はどっちへ行くの?」

俺:「今日は神社へ行く~wまだ行ったことの無い神社があるから。」

ローズ:「なんていう神社?」

俺:「浅間神社だよ。」

ローズ:「浅間さまか~w」

俺:「コノハナノサクヤヒメ~」

ローズ:「コノハナノサクヤヒメ~!」

俺:「wwwwwwwww」

ローズ:「wwwwwwwww」


しめしめw ローズのやつw この計画にはまったく気が付く様子なしだな。

よしよしw とりあえずまずは腹ごしらえだよb

クレ◆モール通りにある「三ツ矢堂製麺」というテレビでも取り上げられた話題のお店へ。

三ツ矢堂製麺
http://idc-inc.jp/
■かつて無いような新しい食べ方やトッピングで注目されるつけめん店。


201106 三ツ矢堂製麺 つけめん


俺:「ん?これってらーめん?」

ローズ:「ラーメンのつけめんじゃない?」

俺:「なんかうどんみたいだ。」

ローズ:「そうかな~?うどん~?」

俺:「うどん!?」

ローズ:「え。でもやっぱりラーメンだよ。」

俺:「この味が?」

ローズ:「だって、店の名前が・・・」

俺:「『三ツ矢堂製麺』・・・?」

ローズ:「あははw名前から分らなかった~www」

俺:「わかんね~wwどっちだろこの料理?ww」

ローズ:「どっちでも美味しいから良い~。」

俺:「確かにそうだw」


腹ごしらえを終えて、まずはひとつめの目的地の浅間神社へ。

この神社は、富士見町の方の富士浅間神社です。


俺:「ローズ~。何のお願いしたの?」

ローズ:「んとね。『富士山が永久に崩れませんように。』」

俺:「wwwwwwwww」

ローズ:「だって、、、大切でしょう?崩れたら大変。」

俺:「うんうん。そうだねぇ~w」

ローズ:「ゆう君こそ、何をお願いしたの?」

俺:「『東北復興』かな。」

ローズ:「それは基本よね。ゆう君 偉いネェ~w」

俺:「『不死身』の『富士見』の神社だもの。」

ローズ:「そういえば、アタシ、本物の富士山見たい~。」

俺:「見たこと無いの?」

ローズ:「新幹線乗った時も、いつも雲で隠れてるの!」

俺:「へぇ~~。」

ローズ:「コノハナノサクヤヒメ様とはあんまり御縁が無いの~。」

俺:「あはは、そうなの?www」


まず、ひとつめの神社を制覇した俺達は次に北の方位へと向かいます。

で、ここからが問題で、ここから何とかカンとかと理由をつけて

図書館の方へと向かわなければなりません。


俺:「ね。もうひとつ浅間神社があるみたいだから、そこも参拝しよう?」

ローズ:「いいよ~w」


あくまでも浅間神社めぐりなのだと思わせる作戦ですb

ところが、何せ川◆市内は城下町ですから、道があちこち入り組んでいて

この俺でもよく分らなくなってきてしまいました。

あれだけ念入りに地図を記憶したつもりだったのですけど・・。

俺の脳内の計画では、◆◆院や◆◆宮方面に一旦向かって そこを抜けて、

川◆高校のとなりにある浅間神社を目指すつもりだったのです。

そして、その辺りでチャンスを見て図書館の方向へ進もうと考えていました。



ところが!



俺:「あれ~?こっちだと思っていたのにな~(焦」

ローズ:「ゆう君が道に迷っている~。」

俺:「うるさいな!」

ローズ:「う~怒っている~w」

俺:「これは・・・・まずいな~。」

ローズ:「そんなに迷ってるの?」

俺:「そうじゃなくて。」

ローズ:「そうじゃなくて?」

俺:「・・・・。」

ローズ:「・・・?」


このまま道に迷ってしまうと、肝心の図書館を見失うことになってしまう!

まずいよ。まずいよ。神社を探していたら図書館への道が分らなくなったなんて

最悪の展開じゃないか~・・・・あ~・・・困ったな~(;;)


せっかくのサプライズが!ピンチです!!


≫つづく
関連記事
スポンサーサイト

| デートの日記 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yakigamanotogama.blog41.fc2.com/tb.php/1131-cceac634

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。