四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

炎天下のお台場デート2010 前編

最近は、ベランダ菜園の記事を優先してしまってデートの日記は
しばらく書いてませんでした。デート日記ファンの皆様、お待たせ~w




2010年7月某日は、お台場方面にデートに行きました。


今年は本当に暑いと思うのですが、個人的には1994年頃?の方が暑かったと思うのです。

そこで、どっちが暑かったのか比べてみよう!という無意味な体験実験を敢行!

201007 池袋西武本店屋上 a

まずは、池袋の西武の屋上のあの有名なうどん屋で、軽くお昼を食べた後、

上野公園へ向かいました。

201007 上野駅前 b

ここ、上野公園は、1994年頃に俺が数回通ったことがあるのです。

その時が人生で一番、死ぬかと思うくらい暑かった。そう記憶しています。

それで、公園を突っ切って、当時通っていた都立美術館へ行こうと思ったら・・

なんと!都立美術館って今改装工事みたいなのしていて中に入れないのですね。

ぜんぜん知らなかった。


で・・・結局、暑いし~(え

上野駅まで引き返してきました。

何やってんだか意味不明ですが、どっちが暑かったのか体験実験の結果としては、

1994年頃の方が断然暑かったという結果になりました。


ハッキリとは分らないけれど、当時、確か・・発電所の電気が間に合わないっていう報道

とかもあったくらいで、世の中が「非エコ」な暮らしをしていたのではないでしょうか。

だから都心なんてきっとヒートアイランド地獄と化していたのかもしれませんね。

あれから省エネ化とかエコ化が進んで、地獄のような暑さは和らいでいるのかな?

と、そんな風に感じました。



で、昔と比べるとそんなに暑くないけど、やっぱり暑いのでw

また海にでも行くかぁ~ってことになりました。

これで今年は2回目の海です^^

201007 お台場 海浜公園  c

お台場海浜公園に着いたのは15時頃。

白砂に太陽が照り付けてジリジリしていました。

まさに!炎!天!下!!

201007 お台場 海浜公園  d

向こう岸の空の上には雲がいっぱい。

201007 お台場 海浜公園 e

そして、だんだん日が暮れていきます。

↓日が暮れていく様子をご覧下さい↓

201007 お台場 海浜公園 f

201007 お台場 海浜公園 g

201007 お台場 海浜公園 h

201007 お台場 海浜公園 i

201007 お台場 海浜公園 j

201007 お台場 海浜公園 k

201007 お台場 海浜公園 l

201007 お台場 海浜公園 m



≫この話のつづきを読む
関連記事
スポンサーサイト

| デートの日記 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクアリウムの肥料 硫酸カリウム

※この記事は後日添削・加筆・削除・改訂して全面的に書き直す予定です。

以前、肥料用の硫酸カリウムを購入したことをブログで報告していました。

化学肥料だけど硫酸カリウムを入手

今回は、硫酸カリウムのアクアリウムへの添加について考えてみたいと思います。

って言っても、俺は超テキトーな人間なので、あまり細かいことは分りませ~んw

独自仮説丸出しの、バカ丸出しの、嘘っぽい情報垂れ流しの記事でございますので、

したがって、この記事の内容は一切保障できない内容です。自己責任でご利用を!




最近、アクアリウム用のカリウム肥料では炭酸カリウムが主流みたいです。

それは「ADA ブライティK」という商品があるらしいのですが、炭酸カリウムで

その商品の成分とほとんど同じものが自作できるらしいのです。

しかも、「肥料用硫酸カリウムは危険だ」とか言っている人も居るみたいなんですね。

それで炭酸カリウムをオークションなどで購入して使っている人が多いみたいなんですけど、

ハッキリ言って・・・




炭酸カリウムを使った方が良いです!

それは、カリウムが過剰になるとカルシウムの吸収阻害が起こりやすいので、

あらかじめ炭酸カリウムでカルシウムも添加しておけば良いってことw

ブライティK ってのは多少過剰に添加しても過剰障害が出にくいように

上手く考えられているのかもねww  だから、炭酸カリウムを使った方が

断然良いと思われます。pHも、ちゃんと水換えしていれば大丈夫とか・・(?)



20100429 硫酸カリウム 800g

しかし、俺は、肥料用の硫酸カリウムも決して悪くないと思うのです。

硫酸カリウムの問題点は2つほど。

ひとつ目は、肥料用硫酸カリウムに含まれている不純物の割合の問題。

肥料用硫酸カリウムの袋には、「保証成分 51%」とか書いてあるわけですけど、

あれは、メーカーとして保証しますよっていう数字で、実際にはもっとたくさんの

カリウムが含まれているらしいのです。

人によっては「49%謎」みたいなこと言ってますけど、実は、90%以上が

カリウムだという説があるようです。

植物には贅沢吸収現象というのがあるにせよ、カリウムの含有量を51%だと思って

溶液を作るととても濃い液肥ができてしまい、長期間の使用で苔が出やすくなるみたいです。


一応、俺が参考にした硫酸カリウム溶液の作り方は、ネットのどこかでカリウム濃度を

計算した、きっと東大とか京大とかで化学をやっているような頭の良い偉い人の説で~

保証成分量50%以上の肥料用硫酸カリウムを使った場合、

45度のお湯100mlに対して7gの硫酸カリを溶かし、溶け残ったふわふわを

キッチンペーパーとかコーヒーフィルターでろ過して取り除いたものを、

水槽の水20リットルに対し1ml(60センチ水槽で2~3ミリリットル)

毎日添加するというものです。これで「○ライティK」(←今更伏字w)とか言う商品の

約半分の濃度のカリウム溶液になるので「○ライティK」と同じ濃度を添加したい人は

20リットルに対し2mlにすればOK

しかし、経験上・・・20リットルに対し1mlくらいの方が良いと思いますけどね。

もちろん、水草がたくさん植えられている水槽では量を多くする等加減が必要です。


硫酸カリを溶かしたときに溶け残こるフワフワなヤツw あれこそが謎物質ですよ。

あの謎物質は絶対に水槽に入れちゃダメ!コケの原因になるみたいですのでご注意を。





もう一つは、水草にカリウムが吸収された後の硫酸イオンの問題。

硫酸カリウムのカリウム分が水草に吸収されると、硫酸塩・硫酸イオンが残ります。

この硫酸塩自体も肥料成分なのですが、日本の水道水には硫酸塩が多く含まれているので

水槽の中では硫酸塩の過剰が起きるらしいのです。

つまり、硫酸塩を水草が肥料として使っているのなら無問題!

水草が使いきれなくて過剰になってくると、極端に酸性化、特に底床内が酸性化して

根腐れの原因となるみたいなのです。とにかく根がやられちゃうみたい。

なので、肥料用硫酸カリウムをアクアリウムに使う場合は、水換えの回数を多めにして

過剰に溜まった硫酸イオン濃度を下げる必要性があるということみたいです。

その場合、少ない量で何度も水換えをせず、一度に大量の水替えを行って濃度を下げます。

(60センチ水槽の場合なら15~20Lくらいの水換え)


ま、その2点に注意すれば、硫酸カリウムでもぜんぜんOKだと思うのですね。

あと付け加えるには、水槽という限られた狭い場所では、肥料の過剰や欠乏がとても

起こりやすいので、カリウム肥料だけが必要だと思って妄信するべきじゃないということかな。


自分の経験では、よく「水槽内では魚のフンが分解され窒素とリンが・・・」みたいな話も、

本当なのかな?と疑いを持っています。

それって、20年とか30年前の定説のコピペじゃないかと(笑

俺が思うには、3要素から多量必須元素から微量必須元素まで幅広く浅く薄く網羅した肥料を

薄めに与える程度が妥当なんじゃないかな・・と思いますね。つまり、窒素やリンも含むと。


それと、肥料を添加する人は水換えの回数を増やさないとバランスが取り難いのでは?

逆に肥料を添加していない人は、たぶんほとんど水換えしていないのではないかと。

つーかw俺の今までの経験上のそう言えるのですねw 足し水中心の水槽では

数年間ほとんど肥料を入れなくても水草が爆殖してたww

逆に肥料を入れるようになってから、ほとんど上手く行かなくなってしまった・・。

だからアンチ肥料派のアクアリストの気持ちもよ~~く解かるのです(^^)

(これは水草の種類にもよるけど^^)



あまり参考にならないかもしれませんけど、ニチャンで「窒素とカリの肥料が欲しい」って書き込み

を見つけて大きくうなずいたw 糸ゴケや髭ゴケが窒素・リン過剰って説はどうも胡散臭い・・。

まw どなたが言ったかしりませんけど、「水槽の数だけ宇宙がある」のでしょうからw

俺の体験がもちろん全てじゃないですけどね~。


関連記事

| その他・未分類 | 23:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風邪のスミレ その後

まだスミレの風邪は治らないみたいで。

なんか・・アイツの免疫力は相当弱っていたらしいです。

なかなか風邪が治らなかったんですね。

201010 果実酒 一例

それで、俺は、直感的に果実酒が効くような感じがしたので、

昨日 半ば無理やりに果実酒を飲ませたんです。

そうしたら、止まらなかった咳がピタリと止まったと言ってました。

果実酒もバカにできませんね~。作っておいて良かったです。

自分と家族の健康の為にも、この冬も果実酒を仕込まなければw
関連記事

| 日常の日記 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レモングラス(タクライ)の話 ベランダ菜園2010 その4


暑い!暑い!
ふくろう2010年9月11日

20100911 レモングラス

↑わぁぁ~wwww

あまりの暑さにカメラも一時的にぶっ壊れたのでした(爆

ま、今年の異常な暑さがうまく表現されている写真でもありますなw

20100911 レモングラス 2

↑しかしなぁ・・・。枯れるのではないか?

なんか・・・かなりやばそうw

葉っぱに水分がない感じだけど、本当に大丈夫なんだろうか?


ちなみに、今週、関東に台風が来たけれど、あれが風台風じゃなくて良かった。

レモングラスは風に弱いからね。大風が吹いたら葉っぱが全部折れちゃう。




葉っぱの水分戻る
ふくろう2010年9月18日

20100918 レモングラス

↑今年の暑さで、葉っぱの水分がなさげだったレモングラスも、

9月中旬に降った雨・大雨のおかげで元気に復活していました。

やっぱりベランダ菜園でもなんでも雨が降らないとダメですね。

そして、写真で見比べると最初の株より大きな株になっています♪




秋らしい天気になりました
ふくろう2010年9月25日

20100925 レモングラス

↑すっかり元気な姿にもどったレモングラス♪

天気も、今年のあの酷暑・猛暑がウソのような涼しい天気になりました。

秋が深まってくると、そろそろレモングラスも収穫の時期ということになります。




収穫直前?
ふくろう2010年10月3日

20101003 レモングラス

↑関東平野部基準で、レモングラスの収穫は10月初旬だということなので

来週、収穫しようかな~?




レモングラス 収穫しました!
ふくろう2010年10月16日

先週は、紅菜苔の種蒔きや西洋かぼちゃの跡地の土の再生など

時間がかかることばかりやっていたので、あっという間に時間が経ち、

レモングラスの収穫をしようと思った時には日が暮れて暗くなってしまいました。

しかも、レモングラスの写真さえ撮り忘れている始末でしたw


収穫が延期となったレモングラスですが、本日、レモングラスを収穫してみます。

20101016 レモングラス 収穫前

↑こちらが、収穫直前のレモングラスの姿です。

あの5月頃の姿と比べると、とても大きな株に育ったということが解かりますね。


さて、収穫は、雨の次の日の方が葉にホコリなどが少なくて良いでしょう。

今日はちょうど前日に雨が降ったので好都合でした。

20101016 レモングラス 収穫後

↑根元から10cmのところをハサミでバッサリと切断します。

ただし、レモングラスの葉は萱(カヤ)と同じですから

うっかりすると手を切る恐れがあります。 軍手を用意しましょう。

うっかりさんや、手タレの方とか、手に命をかけている方とか・・・・注意です。

ま、俺は手タレじゃないので軍手とか一切不要です~w

20101016 レモングラス 収穫

↑そして、これが収穫して水洗いした後のレモングラスです。

レモングラスを数える単位が不明なのですが、

根元のふくらんだ部分ひとつを1株と考えると、23株分にあたります。

ちなみに、全部を収穫せず、観察用に5株分だけ残しておきました。

23株分は=葉の枚数で言うと軽く100枚分くらいになります。

あの春先に葉1枚から始まったレモングラスは、秋には100枚になるのです。

な、なんか感動してしまいますね p(; ;)q

この後は、8本ぐらいづつ輪ゴムで束ねて天井付近の高いところに吊るして乾燥します。

カラカラに乾いたら1年くらいは保存がきくそうです。


≫つづきを読む




関連記事

| *ハーブ類・全般 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。