四季エンピツ

宇宙の叡智と日本の四季を愛するエンピツ書き的日記帳 宇宙の外まで I love all!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さっきサバっと書いてみた

20120312 サバっと

ふでペンのインクがなくなったと思って、交換しようとカートリッジを回したら

大量のインクがボタボタ出てきて しかも止まらないので焦りまくった~w



花粉症には青魚が良いってかなり前からの定説ですよね^^
スポンサーサイト

| 無意味 日記 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年10月12日放送の「開運! なんでも鑑定団」

昨日(2010年10月12日)は「開運! なんでも鑑定団」を観ていました。

途中に出てきた 素人でも明らかに偽物と解かる土偶も面白かったですけどww

最後の依頼人の人の依頼品は、実に興味深かったですね。

白髪の弁理士のおじいさんで、奥様に先立たれてから

ウォーキングを趣味にされておられるとか。

そのおじいさんのご先祖が、仙台の伊達家の家臣(?)だったかな?

その関係で「ある能書家」の書状を代々受け継いでいるという話でした。



その能書家というのは、

近衛 三藐院 信尹(このえ さんみゃくいん のぶただ)

だというのです。近衛三藐院と言えば、寛永の三筆の一人。

寛永の三筆は、本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)、松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう)、

そして、近衛 三藐院(このえ さんみゃくいん)です。

近衛 三藐院 信尹 -Wikipedia-


で、弁理士のおじいさんのご先祖さんと近衛三藐院が交わした手紙の

10通分を依頼品として鑑定団に出しているという訳なんですが、

その手紙がテレビに映って「おおお!!すごい!」って思った訳!

非常に男らしい太々とした文字でありながら、繊細でもあり、

やや実用的で老人臭い感じはしたものの、書の達人級が書いた書だと

すぐに解かるレベルのものでした。

(後から、その手紙が近衛が亡くなる直前に書かれたものであると説明されました。)

それと、依頼品ではないものの、近衛三藐院を説明するためのVTRに写っていた

三藐院が書いたという書道の手本は、本当に「こりゃぁwすごい!!!」の一言。

そのお手本を見ていると筆先の乱舞がありありと浮かんでくるような筆触なのです。


近衛三藐院なんて今まで、「まぁ 字が上手な人なんだろうなぁ」くらいにしか

考えたことなかったけど、一目見て、自分の中で再評価しなければならないと思いました。


さて、島田紳助氏は値段つけるの難しいとか言って、依頼人の人も10通かける15万で

150万円とか言うのです。先祖から伝来しているものなのに、随分とセール価格ですね。

俺:「えぇぇぇぇ!そんなに安いなら俺が買うよ!・んな金ないけど(笑」

この場合は代々受け継いでいるという品物だから偽物の可能性は低いし、

何せ書状の文字のレベルが本物級だから、俺なら最低でも1000万だと思ったし、

三藐院の真筆なんだと思ったら むしろ2500万でも良いくらいだと思いましたね。


ま、実際に鑑定士(団)が付けた評価した価格は、1000万円でしたけど、

その評価の内訳は、手紙の内容に歴史的な価値があるということだったみたい。

俺は能書家の書状として評価したんですw


マジでコピーが欲しかった~♪

(あれ?書道なんてもうどうでも良いって思っていたのにw)

| 無意味 日記 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意味無いと言いながら、意味無いことをやる

特に言い訳はしませんよ・・。

んなことやっても意味無い

と言いながら

また意味無いことをやってみました。

へっぽこ作品 その2

↑やっぱり明らかに2回目に書いたっぽい字ですね。

たぶん3回書けば、また変わるんでしょう。

| 無意味 日記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鈴里高校書道部 とめはねっ! ・・とは無関係 

2010年1月~2月にかけてNHKで高校の書道部をモチーフにした

テレビドラマを放送してました。

NHKドラマ とめはねっ!

ウチの母は熱心に視てました。



二度と筆なんて持つまいという思いは信念に近かったので、

少なくともローズと付き合うようになってからの2年半の間に

この中筆を持って字を書いたことはないです。

そもそも腕があったのかどうかはわかりませんけど、

確実に腕は落ちた・・・というか無い。

もっとも細筆は実用上の必要があるので随時持つけれども。


筆先が5ミリくらい減ったバサバサぎみの狸毛筆で書きました。

へっぽこ作品

あの筆が半年で5ミリ減っていったなんて今では信じられないね。

ホント、書道なんてやって何の得があるんだろう。

| 無意味 日記 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。